サービスの質で選ぶ

a vial contain many pills

アフターピルを病院で処方してもらったら、高いのでしょうか安いのでしょうか。アフターピルの平均相場を調べてみると、3,000円からとなっています。3,000円というのは安いのか高いのか、素人では判断することができません。相場の差を見てみると、高い病院では1万円するところもあります。値段の差は、アフターピルの質の違いによるものでしょうか?アフターピルの相場の差は、質などは関係ありません。ピル自体が保険適用外となる処方のことが多いので、1万円でも問題はありませんし安いところはピル自体の値段だけで販売しています。この金額は病院側が勝手に設定しています。とはいえ、アフターピルは決して安いものではありません。粗悪品などは存在していませんが、質とは関係なく最低でも3,000円はすることを覚えておきましょう。

ではアフターピル通販での値段の相場はどうなのかというと、アフターピル自体の値段だけで良いため、とても安いです。そもそも日本では緊急避妊薬というものは存在せず、通常不正出血などの治療で使用するピルが処方されています。海外ではアフターピルは需要の高い薬であり、多くの商品が出回っています。そんな海外メーカーのアフターピルは1シート(1錠)千円ちょっとで販売されていることが多く、病院で処方されるよりもずっと安いピルです。安いからといって質が悪いわけではなく、日本で使用されている不正出血治療用のピルと同じ成分が使われている商品もあるので、安心してください。また、アフターピル通販は多々ありますがどのアフターピル通販が安いのか?質が良いのか?などはさほど違いがありません。商品は同じ、大切なのはアフターピル通販のサービス内容です。発送が早い、対応が丁寧など安心できる通販を探しましょう。