種類について知る

a woman worrying about her toothache

アフターピルには2種類の錠剤があります。通常はノルレボ錠というもので、日本で一番普及している種類です。ノルレボのほかにはプラバノール錠という種類があります。プラバノールはもともと中用量ピルと呼ばれる薬で、副作用が強くあります。日本人は副作用を嫌うため、多くの病院でノルレボ錠が勧められます。ノルレボ錠は保険適用外で処方されることが多いので、値段は3000円から1万円ちょっとで購入することができ、副作用はとても少ないです。プラバノールは現在ほとんど使われていない種類で、病院でもほとんど処方されませんが値段は5000円から7000円程度で購入することができる薬です。アフターピル通販を利用する際にはこの2つの種類を覚えておきましょう。

アフターピル通販で購入したら、値段はどれくらいなのでしょうか。まず病院でのノルレボ錠の平均相場は3000円から1万5000円以内でした。安くても3000円はかかりますがこのうち、ノルレボ錠自体の金額は2,000円程度です。診察料や検査代金を含めた金額となります。検査とは内視鏡検査や触診など。アフターピルを服用しても問題がないかどうかを調べる検査です。この検査を受けた場合さらに費用は高くなります。ではアフターピル通販で購入した場合は?アフターピル通販での相場は、平均1,500円〜3,000円程度となっています。1シートずつ販売されており、婦人科よりも安いことが特徴です。といっても配合されている成分はほぼ同じ。安心して飲むことができます。